Reasonable Code

ほどよいコードを書きたい

Java Raspberry Pi

Pi4Jで「Unable to determine hardware version」エラーが出たときの解決方法

投稿日:

Raspberry PiでPi4Jを利用したJavaプログラムを実行した際にエラーが出ました。そのときの解決方法をメモしておきます。

Pi4Jのエラー内容

Pi4J公式サイトの手順に従って、Pi4Jのインストール配下にあるサンプルファイルを実行した際、以下のエラーが起きました。

Unable to determine hardware version. I see: Hardware : BCM2835の箇所が原因のようです。どうやらRaspberry Piのファームウェアのバージョン(BCM2835)がPi4Jに対応していないようです。

Pi4Jのエラー解決方法

結論からいうと、最新のPi4J(1.2~SNAPSHOT 0)をインストールすれば解決しました。

まずは、以下コマンドでインストール済みのPi4Jのバージョンを確認します。今回はPi4Jのバージョンが1.1 0だったので、これを1.2~SNAPSHOT 0に上げます。

最新のPi4Jをインストールする前に、以下コマンドで古いPi4Jをアンインストールします。

以下コマンドで、Pi4Jのインストーラのダウンロード&インストールを行います。

改めて、Pi4Jのインストール配下にあるサンプルファイルを実行してみます。

無事、Pi4Jを利用したJavaプログラムが動きました!Lチカもできました!

まとめ

Pi4Jで「Unable to determine hardware version」エラーが出たときの解決方法をご紹介しました。

これでPi4Jが使えますね!

参考リンク

-Java, Raspberry Pi

Copyright© Reasonable Code , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.