Git/GitHub Heroku

GitHubにpushしたらHerokuに自動デプロイする設定を行う

更新日:

GitHubにpushしたらHerokuに自動デプロイする設定をメモしておきます。サクッと設定できました。

Herokuで自動デプロイ設定を行う


Herokuの管理画面で、GitHubと連携するHerokuアプリを選択します。


「Deploy」タブを選択し、GitHubのアイコンを選択します。


連携するGitHubのリポジトリ名を入力し、「Search」ボタンを選択します。その後、「Connect」ボタンを選択します。


あとは、「Enable Automatic Deploys」ボタンを選択すれば、設定完了です!
ちなみに、自動デプロイするブランチを選択することもできます。今回はmasterブランチにpushするとHerokuに自動デプロイするように設定しました。


この状態になっていればOKです。これで、GitHubにpushするだけでHerokuに自動デプロイするようになりました。

まとめ

GitHubにpushしたらHerokuに自動デプロイする設定方法でした。簡単に設定できてびっくりしました。便利ですね、Heroku。

【RC】記事下記事内広告


-Git/GitHub, Heroku

Copyright© Reasonable Code , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER. App icon by icons8. Privacy Policy.