Reasonable Code

ほどよいコードを書きたい

Mac

Homebrewとは?インストール方法や使い方をわかりやすく説明します

更新日:

HomebrewはMacのパッケージ管理ツールです。Homebrewを使うことで、ターミナルからコマンドを実行するだけで、パッケージのインストールやアンインストールが簡単に行えます。

例えば、Homebrewを使わずにMacにJavaをインストールしようとすると、Javaの公式サイトにアクセスし、Javaをダウンロードし、ダウンロードファイルを起動してインストーラに従ってインストールする、、、といった面倒な手順が必要になります。それがHomebrewを使うと、たった1行のコマンドを実行するだけでインストールできてしまいます。Homebrew、便利なのです。

この記事では、Homebrewのインストール方法と使い方をご紹介します。

Homebrewのインストール方法

Macのターミナルを開き、以下コマンドを実行するだけです。簡単ですね。

以下コマンドを実行し、Homebrewがインストールされていることを確認しましょう。バージョンは違っていても問題ありません。

Homebrewの使い方

Homebrewでは、brewコマンドを使ってパッケージの管理を行います。ここからは、代表的なbrewコマンドをご紹介します。

パッケージのインストール

パッケージのインストールを行います。brewコマンドで1番よく使います。

パッケージのアンインストール

パッケージのアンインストールを行います。アンインストールもコマンド1行で行えます。

Homebrewの更新

Homebrew自体を最新化します。最新化することで、利用できるパッケージが増えたり、パッケージの最新バージョンが使用できたりします。

インストール済みのパッケージ一覧の表示

これまでにインストールしたパッケージの一覧を表示します。

パッケージの検索

Homebrewで使えるパッケージの検索を行います。引数のパッケージ名を省略すると、Homebrewで使用できる全パッケージが表示されます。

まとめ

Homebrewのインストール方法と使い方をご紹介しました。HomebrewはMacで開発するときに便利なツールなのでぜひぜひ使ってみてください。

-Mac

Copyright© Reasonable Code , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.