Reasonable Code

ほどよいコードを書きたい

PHP

PHP入門にピッタリ!PHP公式サイトで基本構文を学んでみた

更新日:

PHPを1から勉強しようと思い、PHP公式サイトのマニュアルを見てPHPの基本構文を学んでみました。公式サイトは情報が正確で体系的に学べるのでPHP入門者におすすめです。

学んだことをメモとして残しておきます。

ちなみにPHPの環境構築がまだの方は、以下記事を先にご覧ください。

【Mac】MAMPでPHPの環境構築を行う - Reasonable Code

基本的な構文

PHPタグ

PHPのコードを記述する際は、開始タグ(<?php)と終了タグ(?>)を使用します。

ただ、ファイル全体がPHPコードである場合、終了タグを省略することが推奨されています。

コメント

コメントの仕方は3種類。//#/* ... */

論理値、整数、浮動小数点、文字列

PHPでは、変数の型はプログラマが設定するものではありません。PHPが実行時に型を決定します。Javaのように型を定義することはないんですね。

型を定義しないということで、小数を表すときもfloatdoubleなのかを意識することがないようです。

型の定義はしないものの、型を表示したり(gettype(), var_dump())、型をチェックしたり(is_type関数)する機能はあるようです。

配列

シンプルな配列定義がこちら。keyとvalueの組み合わせで定義するんですね。

keyを省略することもできます。配列の要素へのアクセスは添字で行います。添字は0から順番に0,1,2,...となります。

コレクションの書き方はこんな感じ。foreachの書き方がJavaとは少し異なりますね。

変数

変数を表すときは、変数名の前に$をつけます。変数名の始めに数字や記号(アンダースコア以外)をつけることはできません。

まとめ

PHP公式サイトでPHPの基本構文を学んでみました。

まだまだ勉強中なので、理解したことがあれば追記したいと思います。

-PHP

Copyright© Reasonable Code , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.