Reasonable Code

ほどよいコードを書きたい

IntelliJ IDEA

IntelliJ IDEAの自動保存機能を無効化する方法

更新日:

IntelliJってデフォルトだと変更したファイルを自動で保存するんですね。個人的にこの機能はいらないです。。ということで、IDEAの自動保存機能を無効化する方法をメモしておきます。おまけとして、変更中のファイルのタブにアスタリスクマーク(*)をつける方法もご紹介します。

自動保存機能を無効化する方法


メニューの「IntelliJ IDEA」 > 「Preferences」 > 「Appearance & Behavior」 > 「System Settings」までたどっていき、「Synchronization」設定の以下チェックボックスをオフにすればOKです。

  • Save files on frame deactivation(フォーカスが外れたらファイルを保存する)
  • Save files automatically if application is idle for XX sec.(XX秒放置すれば自動でファイルを保存する)

変更中のファイルのタブにアスタリスクマークを表示する方法


メニューの「IntelliJ IDEA」 > 「Preferences」 > 「Editor」 > 「General」 > 「Editor Tabs」までたどっていき、「Appearance」設定の以下チェックボックスをオンにすればOKです。

  • Mark modified(*)


変更中のファイルのタブにアスタリスクマーク(*)が表示されるはずです。

まとめ

IntelliJ IDEAの自動保存機能を無効化する方法でした。

参考リンク

-IntelliJ IDEA

Copyright© Reasonable Code , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.