Reasonable Code

ほどよいコードを書きたい

Java

MavenでJDKのバージョンを指定する方法【JDK1.5 -> 1.8】

更新日:

EclipseでMavenプロジェクトを新規作成した際、以下の警告が表示されました。

The compiler compliance specified is 1.5 but a JRE 1.8 is used
ビルド・パスは実行環境 J2SE-1.5 を指定しています。この環境と厳密に互換性のあるワークスペースにインストールされた JRE がありません。

どうやら、MavenプロジェクトのデフォルトのJDKバージョンが1.5になっていることが原因のようです。そこで、MavenプロジェクトのJDKのバージョンを指定してみました(1.5 -> 1.8)。

環境は以下のとおりです。

  • Mac OS X(10.13.6)
  • Eclipse 4.8 Photon(Pleiades All in One)
  • Maven 3.5.3(Eclipseに同梱)

MavenでJDKのバージョンを指定する方法

Mavenの公式サイトにJDKのバージョンを指定する方法が載っていました。

2通りあるようです。どちらの方法もpom.xmlを編集します。

方法その1

上記例では、JDKのバージョンを1.8に指定しています。

方法その2

上記例では、JDKのバージョンを1.8に指定しています。

あとは、Eclipse上でMavenプロジェクトを右クリック > 「Maven」 > 「プロジェクトの更新」を選択すればJDKのバージョンが反映されます。

どちらの方法を試してもJDKのバージョンが指定され、無事警告が表示されなくなりました。

まとめ

MavenでJDKのバージョンを指定する方法をご紹介しました。

そもそもなんでJDKのデフォルトバージョンが1.5なんでしょうね。

参考リンク

-Java

Copyright© Reasonable Code , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.