Reasonable Code

ほどよいコードを書きたい

Mac

【Mac】ターミナルの配色設定は「Solarized」がおしゃれで見やすくておすすめ

更新日:

最近ターミナルを触る機会が増えたので、使いやすいようにカスタマイズしています。その1つが配色(カラースキーム)。Solarizedというテーマがおしゃれで見やすいと聞いたので設定してみました。

Solarizedの配色はこんな感じ

Solarizedは、洗練された配色で、見やすく目が疲れにくいよう設計されています。テーマは、ライトとダークの2つです。


こちらはライトテーマ。


こちらはダークテーマ。個人的にはこっちの方がお気に入りです。

ここからは、Solarizedの設定を行っていきます。

Solarizedをダウンロードする

まずは、以下コマンドでSolarizedをダウンロードします。

ダウンロードしたフォルダの中に、「Solarized Light.terminal」と「Solarized Dark.terminal」があることを確認します。

Solarizedを読み込む

ダウンロードしたSolarizedのテーマをターミナルに読み込みます。手順は以下のとおりです。


補足すると、歯車マークは上記画像の赤枠箇所です。


例えば、「Solarized Dark.terminal」を読み込むと、Solarizedのダークテーマがプロファイルとして追加されます。あとは、プロファイルをダブルクリックするだけです。


はい、起動しました。

ここからは、お好みで設定してください。

Vimの配色設定

Vimを使っている方は、引き続きVimの配色を設定しましょう。ライトテーマを使用する場合は、set background=lightとしましょう。


変更前がこちら。


変更後がこちら。いい感じですね。

lsの配色設定

lsコマンド時のリストがハイライトされないので、以下コマンドでハイライトされるようにします。ファイル編集後、ターミナルを起動し直せば設定が反映されます。

もっとSolarized風に仕上げることも可能ですが、Solarizedのlsテーマを導入したり、Macにソフトウェアをインストールしたりと設定が複雑だったので、最低限の配色設定だけを行いました。


変更前がこちら。


変更後がこちら。良さげです。

まとめ

Macのターミナルの配色設定はSolarizedがおしゃれで見やすくておすすめです。ぜひ一度使ってみてください。

-Mac

Copyright© Reasonable Code , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.