Mac

Mac純正のファイル差分確認ツール「FileMerge」が使いやすい

Macでファイルの差分をサクッと取りたいときってありますよね。そんなときにおすすめなのが「FileMerge」。

「FileMerge」は、Appleが提供している開発ツール「Xcode」に付属しているファイル差分確認ツールです。特徴は以下のとおり。

  • シンプルで使いやすい
  • Mac純正のファイル差分確認ツールなので安心して使える
  • ターミナルからも実行できる

忘れないように使い方をメモしておきます。

FileMergeを使うための事前準備

FileMergeは‎Xcodeに同梱されているため、まずは‎Xcodeをインストールしておきましょう。

FileMergeの使い方


「アプリケーション」 > 「Xcode.app」 > 「パッケージの内容を表示」を選択します。


「Contents」 > 「Applications」 > 「FileMerge.app」を開き、FileMergeを起動します。


FileMergeを開いたら、差分を確認したい2つのファイルを指定し、「Compare」ボタンを選択します。


こんな感じでファイルの差分が確認できます。シンプルでわかりやすいですね。

ターミナルからも起動できる

ターミナルからもFileMergeを起動できます。以下の例だと、file1file2の差分確認画面が表示されます。個人的にはこっちのほうが使いやすいです。

まとめ

Macでファイルの差分をサクッと確認したいときは「FileMerge」がおすすめです。

-Mac

© 2020 Reasonable Code