Reasonable Code

ほどよいコードを書きたい

Spring Framework

Spring BootでConfigurationクラスを用いてBean定義する方法

更新日:

Spring BootでConfigurationクラスを用いてBean定義する方法をメモしておきます。このBean定義の方法は、主にコンポーネントスキャンによる自動登録ができない(例. 外部ライブラリに含まれるクラスをBeanとして登録する)場合に使われます。自作クラスをBean定義する場合は、@Component@Controllerといったアノテーションを使うことが多いですね。

Configurationクラスを用いてBean定義する方法

今回は、以下のクラスをBean定義することにします。messageをコンソールに表示するだけの簡単なクラスです。

さきほどのクラスをBean定義するために、以下のようなConfigurationクラスを作成します。Configurationクラスでは、クラスに@Configurationを、メソッドに@Beanを付与します。@Beanを付与したメソッドに、Bean定義したいオブジェクトをreturnするように実装します。

あとはそのBeanを利用するクラスでDIしてやればOKです。以下例では、DemoBeanをDIして、指定のURLにアクセスするとコンソールにメッセージを表示するクラスを定義しています。

動作確認のためにアプリケーションクラスを実行します。

http://localhost:8080にアクセスすればコンソールに「Hello World」というメッセージが表示されるはずです。

まとめ

Spring BootでConfigurationクラスを用いてBean定義する方法でした。Configurationクラスでは、クラスに@Configurationを、メソッドに@Beanを付与します。@Beanを付与したメソッドに、Bean定義したいオブジェクトをreturnするように実装すればOKです。

参考リンク

【RC】記事下記事内広告


-Spring Framework

Copyright© Reasonable Code , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER. App icon by icons8. Privacy Policy.