AWS Spring

Spring BootでAWS S3に接続してファイルのダウンロード・アップロードを行う

投稿日:

Spring BootでAWS S3に接続してファイルのダウンロード・アップロードを行う方法をメモしておきます。AWS S3の公式ページがとても参考になりました。

環境

設定ファイル

build.gradle

build.gradleについては、Spring Initializrで依存性にAWS Coreを追加しただけです。これだけでAWS SDK for Javaを利用できるようになります。それぞれの項目の詳しい説明は以下のAWS公式ページをご覧ください。

application.yml

Spring BootでAWSを利用するための設定です。詳細は以下記事をご覧ください。

Spring Bootでローカル環境からAWSを利用する際の設定 - Reasonable Code

アプリケーションクラス

おなじみのSpring Bootのアプリケーションクラスです。

S3からダウンロードする

「S3のオブジェクトを取得する」→「ダウンロード先のファイルパスを指定する」→「S3のオブジェクトを読み込み、ダウンロード先のファイルに書き込む」という流れで処理しています。簡単ですね。

S3にアップロードする

こちらはもっと簡単ですね。たった数行でローカルのファイルをS3にアップロードできました。

まとめ

Spring BootでAWS S3に接続してファイルのダウンロード・アップロードを行う方法でした。ソースはGitHubにも載せています。

donchan922/spring-boot-s3-sample

参考リンク

【RC】記事下記事内広告


-AWS, Spring

Copyright© Reasonable Code , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER. App icon by icons8. Privacy Policy.