Swift

Swiftで外部ライブラリ(依存パッケージ)を利用する方法

Swiftで外部ライブラリ(依存パッケージ)を利用する方法をメモしておきます。

環境

Swift Package Managerを使う

Appleが提供しているSwift Package Manager(SwiftPM)というパッケージ管理ツールを使えば、簡単に外部ライブラリ(依存パッケージ)を利用できます。

今回は、SDWebImageSwiftUIライブラリを利用してみます。

Xcodeを開き、「File」 > 「Swift Packages」 > 「Add Package Dependency...」まで進みます。続いて、追加したい外部ライブラリのリポジトリのURLを入力し、「Next」を選択します。

利用するバージョンやブランチを選択し、「Next」を選択します。

「Finish」を選択したら完了です。

あとは、外部ライブラリをimportしてやればOKです。

まとめ

Swiftで外部ライブラリ(依存パッケージ)を利用する方法でした。

参考リンク

-Swift

© 2020 Reasonable Code