Swift

SwiftUIでAdMobを実装する方法

SwiftUIでAdMobを実装する方法をメモしておきます。今回はAdmobのバナー広告を表示してみます。

環境

事前準備

AdMobの公式ページを参考に、AdMobアカウントの作成アプリの登録広告ユニットの作成(今回は、バナー広告の作成)を行っておきます。

アプリIDと広告ユニットIDはあとで使うのでメモしておきます。

Mobile Ads SDKをインポートする

Mobile Ads SDKのインポートは、CocoaPodsを使って行います。CocoaPodsは、Xcodeプロジェクトのライブラリ管理ツールです。

まずは、以下コマンドでCocoaPodsをインストールします。

Xcodeプロジェクト直下(.xcodeprojが存在するディレクトリ)で以下コマンドを実行し、Podfileを作成します。

作成したPodfileを開き、以下のようにpod 'Google-Mobile-Ads-SDK'行を追加します。

あとは、以下コマンドを実行すればXcodeプロジェクトにMobile Ads SDKがインポートされます。

.xcworkspaceを開く


CocoaPodsを使う場合は、.xcodeprojではなく、.xcworkspaceを開くようにしましょう。.xcodeprojで開くと、ビルド時にエラーになります。

.xcworkspaceを開くと、↑のようなファイルツリーが表示されるはずです。

Info.plistを編集する


↑のように、Info.plistに以下を追加します。ca-app-pub-xxxは、自身のアプリIDに置き換えてください。

AppDelegate.swiftを編集する

AppDelegate.swiftにMobile Ads SDKの初期化処理を追加します。

2020/9/17追記
Xcode 12 / iOS 14から使えるようになったSwiftUI Appライフサイクルの場合、AppDelegate.swiftが存在しません。そのため、プロジェクト作成時に作られるxxxApp.swiftを以下のように修正します。

バナーを実装する

あとは、AdMob用のViewを作成してやればOKです。補足すると、UIViewRepresentableプロトコルを使ってSwiftUIでUIKitのビューを利用しています。

注意点も載せておきます。

アプリの開発とテストでは実際の広告ではなく、必ずテスト広告を使ってください。実際の広告でテストすると、アカウントが停止される場合があります。
バナー広告  |  iOS  |  Google Developers

実行すると、、、


バナー広告が表示されましたね。お疲れさまでした。

まとめ

SwiftUIでAdMobを実装する方法でした。

参考リンク

-Swift

© 2020 Reasonable Code