Reasonable Code

ほどよいコードを書きたい

Mac

brew cleanupでMacのディスク容量が400MBも空いた

投稿日:

Homebrewって、更新時に自動で古いパッケージの削除を行ってくれないんですね。以下のツイートを見て知りました。

百聞は一見にしかずということで、実際にbrew cleanupコマンドを実行してみました。

brew cleanupを実行してみた

まずは、--dry-runオプションをつけて、brew cleanupの実行確認(リハーサル)を行ってみます。

なんと約400MBもディスク容量が空くみたいです。つまり、400MB分のゴミがたまっているということですね。ゴミを残す理由もないので、--dry-runオプションをつけずに実行します。

はい、400MBのゴミが削除できました。

パッケージ更新時にもcleanupできる

Homebrewのドキュメントを見ると、以下コマンドでもcleanupが行えるようです。

パッケージを更新するタイミングで古いパッケージが削除できるこちらのコマンドのほうが実用性がありそうですね。

まとめ

長年Homebrewを使っている方は、ぜひbrew cleanupコマンドを実行してMacのディスク容量を空けてみてはいかがでしょうか。

-Mac

Copyright© Reasonable Code , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.