Python

pyenv installで「zlib not available」エラーが発生したときの対策

更新日:

Macでpyenvを使ってPythonをインストールしようとしたときにzlib not availableエラーが発生したときの対策をメモしておきます。使用したMacのバージョンはmacOS Mojave 10.14.2です。

事象

こんなエラーが発生しました。

原因

XcodeのCommand Line ToolsにmacOS Mojave 10.14用のmacOS SDKヘッダがインストールされていないからです。

pyenvのissueにも今回のエラーが載っていました。

対策

macOS SDKヘッダを追加する必要があるようです。具体的には、以下コマンドを実行すればOKです。

pyenvのwikiにも対策として上記コマンドが載っています。

改めてpyenvを使ってPythonをインストールすると、うまくいきました!

まとめ

pyenv installで「zlib not available」エラーが発生したときの対策でした。

OSSライブラリのエラーについては、GitHubのissueやwikiを見るのが信頼性も高く、情報量も多いのでおすすめです。

【RC】記事下記事内広告


-Python

Copyright© Reasonable Code , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER. App icon by icons8. Privacy Policy.