Spring

Spring Bootでapplication.ymlを環境ごとに分けて利用する方法

更新日:

Spring Bootでapplication.ymlを環境ごとに分けて利用する方法をメモしておきます。

Spring Bootでapplication.ymlを環境ごとに分けて利用する方法

application.ymlspring.profilesに環境名を設定し、環境ごとに設定値を定義してやるだけです。以下の例では、環境名をdevelopmentproductionとしていますが、名前はなんでも構いません。環境の区切りには、---を使います。

あとは、-Dspring.profiles.activeに利用する環境名を指定して起動してやればOKです。以下の例だと、全環境用と本番環境用の設定が適用されます。

まとめ

Spring Bootでapplication.ymlを環境ごとに分けて利用する方法でした。

参考リンク

【RC】記事下記事内広告


-Spring

Copyright© Reasonable Code , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER. App icon by icons8. Privacy Policy.