Spring

Spring BootでThymeleafのテキストテンプレートモードを使ってみる

投稿日:

Thymeleaf 3.0からテンプレートモードが追加されました。これにより、メールやSlackの本文をテンプレートとして定義できるようになりました。便利そうなのでさっそく使ってみました。

環境

Spring BootでThymeleafのテキストテンプレートモードを使ってみる

まずは、テンプレートリゾルバとテンプレートエンジンをBean登録します。ポイントは、以下の設定を行うことです。

  • テンプレートファイルの格納先
  • テンプレートファイルの拡張子
  • テキストテンプレートモード

続いて、Thymeleafのテンプレートを処理(出力)するクラスに、さきほど作成したBeanをインジェクションします。テンプレートを処理する流れは以下のとおりです。

  • ThymeleafのContextインスタンスを作成する
  • テンプレート内の変数に値を設定する
  • テンプレートを処理する

あとは、テンプレートを定義してやればOKです。Thymeleafの標準モードと異なり、テキストテンプレートモードで変数を定義するときは書き方が少し異なります。このあたりは、Thymeleafの公式ページが詳しいです。

mail.txt

実行結果

まとめ

Spring BootでThymeleafのテキストテンプレートモードを使ってみました。簡単に使えたので、メールやSlackの本文を作成するのに重宝しそうです。

参考リンク

【RC】記事下記事内広告


-Spring

Copyright© Reasonable Code , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER. App icon by icons8. Privacy Policy.